/

この記事は会員限定です

福岡県最大の五ケ山ダム、異常渇水を教訓に供用開始

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

福岡県内最大の貯水量を誇る県営ダム「五ケ山ダム」(福岡県那珂川市)の供用が1月から始まった。福岡市内を流れる那珂川の氾濫を防ぐ治水機能を果たすほか、市内への安定的な水の供給に寄与。過去に2度発生した「福岡砂漠」と呼ばれた異常渇水を防ぐ役割も担う。

曲がりくねった山道を車で抜けると、五ケ山ダムの白く巨大な堤防が目の前に現れる。全国で初めて異常渇水時の対策容量を持つダムとして計画され、2018年に完成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン