/

スペースワールド跡地、イオン系のアウトレット開業

イオンモールの大型商業施設「ジ アウトレット北九州」が28日、北九州市に開業した。2017年末に閉園したテーマパーク「スペースワールド」の跡地に観光客も見込める拠点が約4年半ぶりに復活し、地元では地域活性化への期待が大きい。開業セレモニーでイオンモールの岩村康次社長は「心豊かなショッピング体験、新たな出合いとの創出に取り組んでいく」と意気込みを述べた。

同日は午前9時のオープン前に約2800人が行列を作った。市内から来た女性は「新型コロナウイルスは気になるが、外出用のすてきな服や小物を買えれば」と笑顔をみせた。夫婦で訪れた男性は「スペースワールドの跡地がどうなったのか気になり来てみた」と語った。

ジ アウトレット北九州は地上4階建てで、敷地面積は約27万平方メートル。約170店のテナントや北九州市科学館「スペースラボ」などがある。同ラボには内径30メートルのドームに最新鋭の投映機器で星空などを映し出す、プラネタリウムを設けた。

大型の竜巻発生装置などもあり、市は「様々な科学現象を体験・体感できる場にし、修学旅行の誘致に力を入れる」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン