/

この記事は会員限定です

博士課程の学生支援急ぐ、九大は年290万円給付

[有料会員限定]

九州の大学が大学院の博士課程に在籍する学生への支援を急いでいる。九州大学や熊本大学などは国の施策を活用して年間最大250万円超の支援をするほか、就活支援にも取り組む。経済的な理由や学位を取得しても就職が難しいことから博士課程への進学者が急減しており、支援拡大で「専門知」を持つ人材を輩出して社会のイノベーションにつなげる。

九大は2021年12月、博士課程の学生約300人に生活費と研究費として年最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン