/

この記事は会員限定です

自動運転農機の開発広がる、オーレックなど高齢化に対応

[有料会員限定]

九州で自動運転農機の開発や導入実験が進んでいる。農機製造のオーレック(福岡県広川町)は大学や企業と共同で果樹園向けの自動草刈り機を開発。鹿児島大学などは自動茶摘み機の遠隔監視に取り組む。高齢化で農業の担い手が不足するなか、自動運転農機の活用で労働負荷の低減を狙う。

オーレックは九州大学やNECと共同で、衛星通信を使った自動運転草刈り機を開発している。まず草刈り機を遠隔操作で動かし、複数の地点を登...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン