/

この記事は会員限定です

九州・沖縄の保証承諾額、4倍の3兆円に急増 20年度

[有料会員限定]

2020年度に九州・沖縄の信用保証協会が実行した保証承諾額は、前年度の約4倍の3兆1600億円に急増したことが分かった。新型コロナウイルス禍で保証付き融資を使う企業が急増しており、保証債務の残高も倍増した。今後、企業が返済できず保証協会が肩代わりする代位弁済が増える恐れもあり、地銀など地域金融機関には企業の収益力を高める支援が求められる。

国はコロナ禍で影響を受けた企業などの資金繰りを支援するため...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン