/

この記事は会員限定です

九州の地銀、成長分野に人員集中 業務改革でITや営業へ

[有料会員限定]

九州の地銀が店舗や業務の効率化で人員を捻出し、IT(情報技術)や法人営業など収益を生む成長分野への再配置を加速している。西日本シティ銀行は2021年度までの4年間で、160人の行員をデジタル部門などに移した。他行も店舗の事務作業を削減するなどして浮いた人材を重点部門におき、生産性の向上や収益基盤の強化を狙う。

西日本シティ銀行の人材再配置の内訳は、個人向けアプリ開発やデジタルマーケティングなどを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン