/

この記事は会員限定です

宮崎・新富町、女子サッカー選手を地域おこし協力隊員に

データで読む地域再生 九州・沖縄編

[有料会員限定]

九州・沖縄でも人口減対策や地域活性化策として、任期1~3年程度の地域おこし協力隊(移住公務員)を活用する動きが活発になっている。外部の目線で地域の魅力を発掘、発信してもらい、さらに隊員にはそのまま定住して地域社会の担い手になってもらいたいとの狙いがある。国の財政措置をもとに各自治体が支払う報酬を得ながら務める隊員は、海の資源管理担当、女子サッカー選手との兼務、ジビエ工房での勤務など多彩だ。

データで読む地域再生

玄界灘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1752文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン