/

この記事は会員限定です

減少、移住促す仕組みカギ 九州・沖縄の空き家率14.3%

[有料会員限定]

九州・沖縄の空き家率は2018年で14.3%と、13年に比べ0.4ポイント増加した。首都圏などへの若者の流出により高齢化が進み、住宅を維持できなくなる事例がじわり増えている。一方で空き家を受け皿にして移住者を呼び込み、地域の活力を高める自治体も多い。移住経験者からの助言や改修費用の補助といった移住へ背中を押す仕組み作りがカギとなっている。

データで読む地域再生

市町村別空き家率の減少幅上位で目立つのは、温暖な気候などか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン