/

鹿児島県日置市が電子商品券、工芸品を支援

鹿児島県日置市は10月から、薩摩焼など地元の工芸品の購入に使える電子商品券を販売する。鹿児島銀行のスマホ決済アプリ「Payどん」を使い、700円分の商品券を買うと300円分のプレミアムポイントを上乗せする。新型コロナウイルス感染拡大による観光客減少の影響を受けた、工芸品販売を下支えする。

「ひおきの逸品」プレミアム付き電子商品券は、10月1日から販売する。利用者はPayどんアプリのデジタル地域振興券のコーナーから商品券を購入する。市内の工芸品店17店舗で、薩摩焼やガラス製品、木工製品などを買う際に利用できる。鹿児島銀行に口座があれば県外の人も購入できる。販売、利用期間はいずれも10月1日から2022年1月31日までとする。

Payどんを使った電子商品券は、鹿児島県内の他の自治体でも発行が進む。鹿児島市と和泊町は10月1日から、西之表市と大崎町が10月15日からそれぞれ、プレミアムポイント付き商品券を販売する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン