/

長崎県の観光客3年ぶり増 21年、修学旅行需要が寄与

長崎県は2021年の県内の観光客延べ数が前年比1%増の1919万人だったと発表した。増加に転じるのは3年ぶり。延べ宿泊客数は同0.5%増の444万人だった。日帰り客数も2.2%増加して1134万人となった。

新型コロナウイルス感染者数の減少に伴い10~12月の回復傾向が目立った。特に12月は修学旅行需要の増加などにより主要宿泊施設の宿泊客数が前年同月比21.4%増となり、コロナ禍前の19年も上回った。

ビジネス客を中心に外食を控える動きなどが影響して21年の観光消費額は1867億円と前年を0.3%下回った。長崎県観光振興課は「年後半も県独自の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で行動制限はあったものの、旅行割引の需要喚起策などの実施に伴い一定の回復傾向を見せた」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン