/

この記事は会員限定です

ジャパネット 飲食店を「社食」に テレワークで活用

[有料会員限定]

ジャパネットホールディングス(HD、長崎県佐世保市)は、従業員が飲食店を「社員食堂」のように利用できる福利厚生サービスを導入する。1回最大1000円前後、月15回分の飲食代を会社が全額補助する。新型コロナウイルス禍でテレワークが広がるなど、働き方やオフィスの形態が見直されるなか、営業職や社食のない拠点で働く社員も使いやすいサービスに改める。コロナで売り上げが減っている飲食店の支援にもつなげる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り373文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン