/

ワクチン6月末に200本が有効期限、福岡県 医療者向け

福岡県が医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチンの有効期限が迫っていないか調査したところ、25日時点で約200本のワクチンが6月末に有効期限を迎えることが分かった。7月末の有効期限が約600本、8月末以降が約1万8200本だった。県はワクチンが有効期限切れとならないように調整し、適切な接種を後押しする。

ワクチンを保管する超低温冷凍庫のある56医療機関を調査し、45医療機関から回答があった。服部誠太郎知事は「有効期限が短いものから優先的に使用し、1本でも無駄にすることのないように調整している」とした。

県内の医療従事者の接種希望者は約21万人。国のデータによると、このうち、1回目の接種を終えた人が約16万6000人、2回目の接種も終えた人が約9万人だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン