/

九州産業交通HD社長に森氏 矢田氏は会長に

九州産業交通HD社長に就任する森敬輔氏

九州産業交通ホールディングス(HD、熊本市)は26日、常務で、グループ会社の九州産交バス社長も務める森敬輔氏(64)が4月1日付で社長に昇格する人事を決めた。矢田素史社長は代表権のない会長に就くが、4月から親会社であるエイチ・アイ・エス(HIS)取締役上席執行役員への就任が決まっている。九州産交バスについては、森氏が代表権のない会長に就き、社長には岩崎司晃氏が就任する。

九州産交HDは新型コロナウイルスの影響で主力のバス事業や旅行関連が低迷し、2020年9月期の最終損益が24億円の赤字となった。森氏は商業施設「サクラマチ クマモト」(熊本市)を含め、コロナ後を見据えた業績回復に取り組むことになる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン