/

福岡水素エネルギー戦略会議が総会、日鉄副社長が会長に

福岡県や地元企業などが参加する福岡水素エネルギー戦略会議は26日、オンラインで総会を開いた。新たに会長に就任した日本製鉄の佐藤直樹副社長は「水素はカーボンニュートラルのカギを握る技術で、様々な分野で活用が見込まれる。産学官が連携し取り組みを一層加速する」と述べた。

戦略会議は2004年に設立し、九州電力トヨタ自動車、九州大学など850の企業や大学、自治体が参加する。新型コロナウイルス感染拡大で昨年は中止され、2年ぶりの開催となった。服部誠太郎知事は「県内企業の(水素分野への)参入を促進し、地域経済の発展を推進する」と話した。

県は北九州市と連携し、今秋から再生エネルギーの余剰電力で水素を製造し県内各地に運搬する実証事業をする。また、響灘沖を洋上風力発電の促進区域に指定してもらえるように国に要望している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン