/

九州電力、フィリピンの再生エネ企業に出資

九州電力は26日、フィリピンで再生可能エネルギー事業を手掛けるペトログリーン・エナジーに出資したと発表した。同社は大手財閥ユーチェンコ・グループ傘下で、地熱や風力、太陽光を使った発電事業を手掛け、発電所の持ち分出力は合計で約7万キロワット。洋上風力などの開発も視野に入れており、九電では技術面を中心に支援しながら、同国で再生エネ開発に初期段階から関わっていく。

九電は子会社のキューデン・インターナショナル(福岡市)経由で、ペトログリーン社の第三者割当増資を引き受け、同社株式の25%を取得した。フィリピンでは国が再生エネを生かした電源開発を表明しており、現在20%の再生エネ比率を2030年に35%、40年までに50%へ引き上げる方針だ。

今回の参画により、九電グループが国外で手掛ける発電事業の持ち分出力は約283万キロワットとなる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません