/

この記事は会員限定です

工事現場は「美術館」 障害者アート、仮囲いに展示

気になるスポット

[有料会員限定]

大分市中心部から少し離れた大分川沿い。舞鶴橋たもとの工事現場が期間限定の「美術館」になっている。社会医療法人恵愛会(同市)が進める「大分中村病院移転新築プロジェクト」の一環だ。施工を手がけるフジタの協力を得て、障害を持つアーティストの作品19点を仮囲いに展示。通りかかる人を楽しませる。

題材は動植物や女性の横顔など。消火器や気球を描いたものもある。造形や色づかいは独特で力強く、作者が障害者である...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン