/

この記事は会員限定です

コロナに立ち向かう新造船、国際交流の未来を見据えて

アプローチ九州 

[有料会員限定]

どれだけの関係者がこの船出を待ちわびたことだろう。鮮烈な深紅の船体に黒と白のキャビンが、博多湾の海の青を突き抜けてゆく。3月20日、JR九州高速船は新造船クイーンビートル(QUEEN BEETLE)の初めての営業運航を行い、多くのお客さんが沖ノ島(福岡県宗像市)をめぐる快適な船での遊覧を楽しんだ。

これまで幾多の人びとを乗せ、博多と釜山(韓国)を往復してきたジェットフォイル「ビートル」が老朽化し、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り518文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン