/

九州工業大学の田中啓文教授、タイ国立大から名誉学位

九州工業大学は、同大の田中啓文教授がタイの国立大学であるスラナリー工科大学から応用物理学の名誉学位を授与されたと発表した。人工知能(AI)を進化させる自身の研究成果をスラナリー工大に伝え、同大の発展に寄与したことが評価された。

田中氏は、AIや半導体、新材料を使って人間の脳の働きを再現する研究をする九工大ニューロモルフィックAIハードウェア研究センターのセンター長。学位授与式は7日に実施され、タイのマハ・チャクリ・シリンドホーン王女から直接学位を授かった。

九工大によると、スラナリー工大が日本人に名誉学位を授けるのは、東北大学の川添良幸名誉教授に次いで3人目。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン