/

沖縄科技大、革新的な企業に5億円投資 VCと連携

沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村)はベンチャーキャピタル(VC)のビヨンドネクストベンチャーズ(東京・中央)と連携し、スタートアップの支援に乗り出す。2年間で10~20社の革新的な技術で社会課題を解決する企業に計5億円を投資する。

人工知能(AI)や量子、ロボット、健康・福祉といった分野の新サービスを目指す企業を後押しする。OISTは国際的な専門家のネットワークを紹介したり、学内の先端機器を貸し出したりする。VCとの連携で経営戦略の策定なども支援する。投資先は6月から募集する。

ピーター・グルース学長は「世界中の起業家がOISTに来て起業できるようになり、ハイテク産業の創出を通じて沖縄の発展に寄与できる」とコメントした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません