/

レトロRPG風にDX技術探索 佐賀県が仮想ショールーム

産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する佐賀県産業スマート化センター(佐賀市)は、インターネット上の仮想空間で人工知能(AI)など先端技術に触れられるデジタルショールームを開設した。業務効率化のためDXを検討する事業者に様々な関連サービスや製品を知ってもらう機会を広げ、導入につなげる。

協力する県内外のIT(情報技術)企業約230社の技術を紹介する。利用者はアバター(分身)を動かし、あらゆるものをネットにつなげる「IoT」など分野ごとに15に分かれた部屋を移動して各社のブースを探索。各ブースではドローンなどの製品カタログを閲覧できる。現在はテキスト情報が主だが、今後は技術をわかりやすく伝える動画やVR(仮想現実)で体感できるコンテンツをそろえていく。

リアルのセンター内でも各社の製品を展示しているが、スペースの制約から約30点しか紹介できていなかった。担当者は「より多くの技術を気軽に体験してほしい」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン