/

この記事は会員限定です

那覇や太宰府、観光地の人出 昨秋に迫る 宣言解除で

コロナ感染リバウンドの懸念も

[有料会員限定]

九州・沖縄の観光地の人出が「Go To トラベル」があった2020年秋の水準近くまで戻りつつある。携帯電話端末の位置情報データによると、3月27日の太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の人出は緊急事態宣言の再発令中(1~2月)に比べて30%増加、沖縄県の国際通り(那覇市)も32%増えた。学生が春休み中で、行楽日和も続き、宣言が解除された首都圏からの観光客も増えているようだ。

位置情報分析サービス、クロス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン