/

沖縄県、大型店の休日休業要請を延長 9月12日まで

沖縄県は25日、大型商業施設や映画館などへの休日の休業要請を、発令中の緊急事態宣言の期限である9月12日まで延長することを決めた。当初は8月7~15日の予定だったが、感染拡大を踏まえて同29日まで延ばしていた。床面積1000平方メートル超の施設が対象で、食品など生活必需品の売り場は除く。

記者会見する沖縄県の玉城知事(25日夜、県庁)

7月22日に始めた県立施設の原則休館も、9月12日まで継続する。沖縄美ら海水族館(本部町)などが対象となる。高校など県立学校は分散登校とし、感染状況が深刻な学校は臨時休校や学級閉鎖などを実施する。小中学校も県立学校の対応を参考に、地域の状況を踏まえて判断するよう市町村教育委員会に求めた。

自衛隊への災害派遣要請は9月8日まで延ばす。当初は8月12~25日を予定していた。派遣中の看護官らは、新型コロナウイルス患者が入院調整中に一時待機する県の「入院待機ステーション」で支援にあたっている。玉城デニー知事は25日夜の記者会見で、2カ所目のステーション設置を検討することを明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン