/

福岡市、初の環境債 省エネ設備や地下鉄新車両調達に

福岡市は25日、資金使途を環境関連事業に特化した債券「グリーンボンド(環境債)」を2022年1月以降に発行すると発表した。同市が環境債を発行するのは初めて。機関投資家向けに50億円(年限10年)を発行する。調達資金は建て替えが進む博多区新庁舎の省エネ設備や、二酸化炭素排出量が少ない地下鉄の新車両の購入費などに使う。

環境債はESG(環境、社会、企業統治)債の一種で、自治体が発行するのは珍しい。発行するには格付け機関などの認証が必要で、このほど格付投資情報センター(R&I)から評価を取得した。将来は個人投資家向けにも発行を検討する。

25日にはオランダの電力関連サービス会社のアイチューザーと再生エネルギーの共同購入事業「EE電(いいでん)」を始めると発表した。同社が太陽光など再生エネを供給する新電力などに入札を実施し、最も安価なプランを提案した事業者と市民が契約できる仕組み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン