/

沖縄の1月観光客、56%増 前年の緊急事態宣言の反動で

沖縄県が発表した1月の入域観光客数は、前年同月比56%増の22万4600人となった。沖縄では年明けから新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」により感染が急拡大したものの、首都圏や関西などで緊急事態宣言が発令されていた前年同月の反動もあり、2カ月続けて増加した。県は「航空便の減便規模の縮小やワクチン接種の普及が影響した」と分析する。沖縄でコロナ感染者が確認される前の2020年1月比では69%減だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン