/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹、次期社長はアイデアマン 感性・科学を重視

[有料会員限定]

三越伊勢丹ホールディングス(HD)の新社長に、子会社の岩田屋三越(福岡市)社長の細谷敏幸氏が4月1日付で就任する。福岡で細谷氏は「紳士」「おとなしい」と見られていたが、3年間の在任中にグループ内最速でのIT(情報技術)化や富裕層を対象にした「1日1組商談」など、改革策を次々に打ち出した。その「アイデアマン」ぶりが買われ、三越伊勢丹HDの立て直しに挑む。

「その黄色、かわいいわね。見せて」「はい。これで見えますか?」。3月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1823文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン