/

この記事は会員限定です

コロナ下の沖縄、経済重視の民意強まる 知事選を左右も

基地のある島 沖縄の風景

[有料会員限定]

沖縄県の国政選や地方選で経済重視の民意が強まっている。米軍普天間基地(宜野湾市)の移設先、辺野古がある名護市では1月の市長選や昨秋の衆院選で、基地問題より経済や生活の支援を打ち出した自民、公明両党が推す候補が当選。新型コロナウイルス禍で観光など地域経済が落ち込むなか、今秋の知事選でも経済政策が結果を左右する可能性が高い。

「基地反対でも私に投じた人はいる。今置かれている立場で市長は何をすべきか考...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン