/

この記事は会員限定です

安川電機の小笠原浩社長「半導体不足、半年は続く」

地域発世界企業 NIKKEI×日経CNBC

[有料会員限定]

産業用ロボット大手の安川電機は2022年2月期の連結決算で、売上高が過去最高を更新した。23年2月期は売上高、営業利益、純利益のそれぞれで過去最高を見込む。小笠原浩社長は25日、日経グループのマーケット・経済専門チャンネル「日経CNBC」に出演し「自動車、通信、医療など様々な分野で産業用機器の需要が増えている」と述べた。番組内での主な発言をまとめた。

「産業用ロボットの受注は第3四半期(21年9~11月)から第4四半期(21年12月から22年2月)にかけて約25%増えた」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン