/

この記事は会員限定です

コロナ感染者情報、漏洩相次ぐ 人為ミスの対策進まず

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、各地の自治体で感染者などの個人情報の流出が相次いでいる。原因の多くは、自治体や医療関係者の間で感染者情報を共有する際のメールの誤送信やホームページ(HP)への誤掲載など人為的なミスだ。国内での感染確認から1年が過ぎた今も、ミスを防ぐ情報共有の方法が確立していない。

「福岡県内で感染者ほぼ全ての人の個人情報が漏洩した。どの程度の人が閲覧したか調査している」。福岡...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1600文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン