/

この記事は会員限定です

九州で育む再エネ 五島は浮体式洋上風力、大分は水素

羽ばたく九州・沖縄経済

[有料会員限定]

次世代エネルギーの活用が九州でも進む。全国に先駆けて太陽光発電の導入が進み、洋上風力や潮流といった新たな発電技術の商用化も近づいてきた。次世代燃料として注目される水素も、大分県や福岡県が関連する産業の育成に乗り出した。自然に恵まれた地の利を生かし、脱炭素社会をリードする新技術が育まれている。

北九州市沖の響灘では九州電力グループなどの事業体が2025年度にも、国内最大級(風車25基、総出力は22...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません