/

この記事は会員限定です

子どもの感染急増、九州沖縄も小中学校などの休校相次ぐ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」による感染が拡大する中、子どもの感染も急増している。九州・沖縄の小中学校では学級閉鎖や休校が相次ぎ、時差登校や午前授業などの対応をとる学校も出てきた。保育園の休園も増えており、子どもを預けている親が出勤できなくなった場合に備えて企業も対応を急いでいる。

「コロナによる学級閉鎖はあったが、今回は過去になく多い」。福岡市教育委員会の担当者は顔を曇らせる。市内...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1613文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン