/

宮崎県で鳥インフルの疑い 確定なら今季県内12例目

宮崎県は24日、都城市の養鶏場で死んだ鶏が見つかり、鳥インフルエンザの簡易検査で陽性だったと発表した。確定すれば県内で今季12例目となる。

県によると、この養鶏場では約3万9千羽の肉用鶏を飼育しているという。遺伝子検査で陽性が確認されれば、25日朝から殺処分を始める。

宮崎県では今季、これまでに都城市を含む4市2町で高病原性ウイルスの感染が確認されており、県は計約88万羽を殺処分した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン