/

福岡・粕屋町の女性殺害、二審も無期懲役 福岡高裁

福岡県粕屋町で2019年7月、女性会社員(当時38)を襲い殺害したなどとして、殺人や死体遺棄、窃盗などの罪に問われた無職、古賀哲也被告(37)の控訴審判決で、福岡高裁は24日、無期懲役とした一審の福岡地裁の裁判員裁判判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

判決後、女性の夫は取材に応じ「いまだに憎く、悔しい。大事な妻を殺され、死刑を望んでいる。妻には息子をしっかり育て続けると報告する」と話した。

根本渉裁判長は「自己中心的で残忍な犯行だ。まれに見る凶悪犯罪で、終生反省と罪の償いに専心するのが相当だ」と述べた。

一、二審判決などによると、19年7月6日夜、自転車で帰宅途中だった女性を襲い、首を絞めて殺害し、遺体を近くの須恵川に遺棄。財布などを持ち去り盗んだ。遺体は8日に見つかった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン