/

この記事は会員限定です

熊本のスーパー「ロッキー」、AIで自動発注 DXで効率化

[有料会員限定]

熊本県が地盤の中堅スーパー、ロッキー(熊本市)は、人工知能(AI)が商品ごとの需要を予測して自動で発注するシステムを全店舗に導入する。品切れや食品ロスによる損失を減らすほか、従業員の入力作業を大幅に削減する。デジタルトランスフォーメーション(DX)で店舗の運営効率を高め、余裕が生まれた従業員による接客向上や店舗運営に関する提案の質を高める。地域のニーズに合った店舗づくりを進め、顧客の囲い込みを目指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン