/

この記事は会員限定です

新人2氏、コロナ対策や県政評価で論戦 福岡県知事選告示

[有料会員限定]

小川洋前知事の辞職に伴う福岡県知事選が25日告示され、いずれも無所属新人の元福岡市議の星野美恵子氏(70)=共産支持=と、前副知事の服部誠太郎氏(66)=自民、立民、公明、社民推薦=が立候補を届け出た。新型コロナウイルス対策や小川県政の評価が主な争点となる。投開票は4月11日。

星野氏は福岡市議を7期務め、共産党市議団長などを歴任。選挙戦では小川県政の刷新を掲げ、この日は午前10時半ごろにJR博多...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り562文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン