/

この記事は会員限定です

九電系の大型木質バイオマス発電稼働、脱炭素期待と課題

[有料会員限定]

九州電力子会社で再生可能エネルギーを扱う九電みらいエナジー(福岡市)などは、国内最大級の木質バイオマス発電所を山口県下関市で稼働させた。国は2030年度に再生エネの割合を19年度の2倍に引き上げる計画で、九電も天候の影響が小さい木質バイオマスは有力な電源候補とみる。ただ、燃料となる木材や適地の確保といった課題もみえてきた。

下関バイオマス発電所(出力約7万5000キロワット)は関門海峡に面した彦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1114文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン