/

この記事は会員限定です

RSJ本社工場、洋上風力「脚」で支える 設置船中核部品

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

日本製鉄の高炉向け設備事業を源流とするリージェンシー・スティール・ジャパン(RSJ、北九州市)は、厚さ20センチメートル以上の鉄板加工に強みを持つ。長年、海底油田など海洋資源開発市場向けを得意とし、このほど洋上風力発電市場に参入した。発電用風車を海に据え付けるための設置船の中核部品である、長さ100メートル超の「脚」の製造を手掛けている。

北九州市戸畑区にある日本製鉄九州製鉄所。広大な敷地の一角...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン