/

この記事は会員限定です

酒停止、九州の産地や卸に打撃 中小に巣ごもり恩恵少なく

コロナと九州・沖縄 第6部㊥苦境 食の王国

[有料会員限定]

福岡県糸島市は大吟醸などの日本酒に使われる酒米「山田錦」の全国有数の生産地だ。しかし九州・沖縄で新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言などの発令が相次ぎ、飲食店での日本酒需要は激減。JA糸島は県酒造組合から要請を受け、山田錦の作付面積を2020年から19年比で3割減らしている。

「作付面積の削減要請は21年までと聞いている。だが宣言が長引き、飲食店の酒類提供の停止要請も加わった。来年はさらに厳しく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1966文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン