/

この記事は会員限定です

那覇市長選挙、オール沖縄敗北 市政は「基地より経済」

[有料会員限定]

23日投開票の那覇市長選は、自民党と公明党の支援を受けた前副市長の知念覚氏が初当選した。米軍普天間基地(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対を掲げる勢力「オール沖縄」は、2022年の市長選で7戦全敗となった。辺野古反対一辺倒の戦術と、暮らしや経済を重視する民意の乖離(かいり)が目立っている。

「辺野古」争点化、広がり欠く

「即戦力であることを市民に実証したい」。城間幹子市長の下で8年近く副市長を務め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2214文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません