/

この記事は会員限定です

アサヒビール博多工場、佐賀・鳥栖に移転 跡地活用焦点

[有料会員限定]

2025年末に操業を終えるアサヒビール博多工場(福岡市)の移転先が、佐賀県鳥栖市に決まった。新工場はエネルギー使用量を大幅に減らした「次世代生産体制のモデル工場」(同社)になることもあり、移転先の自治体からは歓迎の声が上がった。今後は工場跡地の活用方法が焦点になりそうだ。

佐賀県の山口祥義知事は23日、「災害の少なさやアクセスのよさなどから選んでもらい、とても感激している」と、歓迎コメントを発表...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り363文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン