/

この記事は会員限定です

福岡商議所が新事業計画、コロナ対策支援に注力

[有料会員限定]

福岡商工会議所は2021年度からの3年間の事業計画を策定した。新型コロナウイルスの影響が「今後2~3年程度続く」ことを想定し、会員企業の事業継続や事業承継の支援策を充実させる。新たに1年ごとの事業計画も作り、各取り組みの優先度を変える手法も取り入れる。

従来は3年単位で目標数値(KPI)を盛り込んだ計画を立てていたが、環境の変化が激しいため、21年度から単年度ごとにKPIを含む事業計画を作る。各課...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り254文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン