/

鹿児島県、24日にまん延防止要請 新規感染は最多407人

鹿児島県の塩田康一知事は23日、新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言に準じる「まん延防止等重点措置」の適用を24日に国へ要請する方針を明らかにした。九州では福岡、佐賀、大分の3県も要請する方向となっており、認められれば九州・沖縄8県すべてで適用されることになる。

鹿児島県では塩田氏が要請の目安の一つとして「30~40%の間」としていた病床使用率が21日時点で34%となったほか、県内の新規感染者数が23日に407人と2日連続で過去最多を更新した。

県は鹿児島、霧島、鹿屋3市と奄美大島の5市町村の飲食店に対してこれまでに、独自に営業時間の短縮などを要請している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン