/

15歳少年 福岡で裁判へ 女性客殺害 鹿児島から移送

福岡市中央区の商業施設で昨年8月、女性客(当時21)が殺害され、殺人や窃盗などの疑いで少年(15)が家裁送致された事件で、家裁から検察官送致(逆送)を受けた鹿児島地検は22日、事件を福岡地検に移送した。福岡で起訴され、成人と同様に裁判員裁判で審理される見通し。

鹿児島地検の武藤雅勝次席検事は「発生地が福岡であることと、遺族が福岡での裁判を希望していることを主に考慮した」と説明した。少年の身柄も同日、鹿児島から福岡に移された。

少年は昨年8月28日、中央区地行浜2の「マークイズ福岡ももち」の女子トイレで、盗んだ包丁で女性を切り付け殺害したとして送致された。福岡家裁は、少年の親族が住む鹿児島県の家裁に移し、鹿児島家裁が少年審判を経て逆送していた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン