/

この記事は会員限定です

地域商品券を電子化、筑邦銀行と九州電力、SBIが新会社

[有料会員限定]

筑邦銀行九州電力、SBIホールディングス(HD)は22日、プレミアム付き地域商品券の電子化などを手掛ける新会社を5月にも設立すると発表した。地域の商店街などで使える商品券や地域通貨を、スマートフォンで使えるサービスを全国の自治体などに提供する。地域を活性化したい自治体や商工会のニーズに対応する。

新会社「まちのわ」は東京都港区と福岡市にそれぞれ本社を置く。払込資本は1億3890万円で、筑邦銀と九電がそれぞれ34...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン