/

取材拠点の整備終え公開 普賢岳30年、被災遺構に

長崎県の雲仙・普賢岳で消防団員や警察官、報道関係者ら43人が犠牲になった1991年6月3日の大火砕流から30年となるのを前に、報道陣らが取材拠点にしていた同県島原市の「定点」周辺の整備が終わり、報道陣らに22日、公開された。「被災遺構」として教訓を継承し、犠牲者を追悼するのが目的。

これまで周辺には目印のモニュメントがあるだけだったが、近年は現地を訪れる遺族がおり、地元の町内会でつくる協議会が整備を企画した。2月には地元の造園業者らが火山灰の中から、報道陣がチャーターしたタクシーなど計3台を掘り出して洗浄。台座に乗せ、他の1台とともに展示している。

「記憶の風化を防ぐため、教訓を未来に活(い)かすことを誓う」との文言を刻んだ石碑も設置した。整備に携わった元島原市職員の杉本伸一さん(71)は「この地を活用しながら、災害の教訓を未来につないでいきたい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン