/

福岡市の高島市長「無念と思う」 県知事辞職報道受け

福岡市の高島宗一郎市長は22日、市役所内で報道陣の取材に応じ、肺腺がんで入院中の福岡県の小川洋知事が辞職の意向を固めたとの報道を受けて、「本人としても大変無念だと思う」と述べた。

「一日も早い回復を祈念いたします」とした上で、新型コロナウイルス対策では「政治的部分での空白部分が生まれないように、(職務代理者の)服部誠太郎副知事をしっかりサポートしていく」と語った。自身の県知事選出馬については「差し控える」と言及を避けた。

北九州市の北橋健治市長も同日、市役所で取材に応じ「新型コロナウイルス禍の対応に新年度の予算審議と重圧のかかるなかで、大変な心痛だったと思う。胸中察するにあまりある」と話した。「気さくな人柄で政策通の知事からいつも建設的に温かい励ましや支援をいただいた」と謝意を示し、次の知事に求められる資質や人物像については「コメントは控えたい」とした。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン