/

福岡銀行、クラウドファンディング使った企業融資

福岡銀行は22日、クラウドファンディングと連動した企業向けの融資を始めると発表した。個人がファンドを通じて企業へ間接的に資金を貸し付ける形を取る。第1弾として福岡市の老舗ホテル「アゴーラ福岡山の上ホテル&スパ」向けにファンドを立ち上げる。企業は必要な資金とともに、ファンド募集を通じて新たな顧客を獲得し、認知度の向上も期待できるという。

「融資型クラウドファンディング」サービスを提供するフィンテック企業のファンズ(東京・港)と組んで実施する。クラウドファンディングでファンドを組成し、集めた資金を福岡銀行へ貸し付ける。同行は応募額を見ながら、ホテル側へ通常融資の形で応募額以上の資金を出す。

銀行が間に入って信用リスクを取ることで、企業はクラウドファンディングで直接個人から資金を募る場合より低い金利で資金を集められ、財務情報の開示などの手間も省ける。さらに応募した「顧客予備軍」とみられる人との接点ができ、資金募集時の広報活動を通じた知名度向上も期待できる。

23日から資金の出し手を募る。ファンドの上限額は5000万円。拠出者は一定期間後に、元金と共に年率1%相当の利息を受け取れる。拠出金に応じてホテル宿泊時の割引などの優待も受けられる。

福岡銀行は融資による利息のほか、クラウドファンディング実施による手数料収入も見込める。今後は同様の資金調達の需要があるかを見極めながら、福岡県内を中心に実施していく方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン