/

この記事は会員限定です

福岡・大川の伝統家具、ゲームや巣ごもりで成長

コロナと九州・沖縄第4部㊥ピンチをチャンスに

[有料会員限定]

「座り心地のいいゲーミングチェアを作ろう」。福岡県大川市にある関家具が「eスポーツ」ブームを受け、ゲーマー用の椅子を作り始めたのは2019年7月。ゲーミングチェアは、長時間座ってゲームをしていても体が疲れにくいように背もたれが頭部まである椅子で、それまで海外製が主流だった。

ただ海外製は外国人向けでサイズが大きく、座り心地に課題もあった。関家具は肘置きの可動域を広げ、小柄な日本人でも疲れないデザイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1758文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン