/

この記事は会員限定です

バイオマス発電、再生エネの「主役」に 九電系出力3倍

[有料会員限定]

九州電力グループの九電みらいエナジー(福岡市)はバイオマス発電事業を拡大する。共同出資した発電所が相次ぎ稼働するのに加え、2022年1月には主体的に運営する下関バイオマス発電所(山口県下関市)の営業運転を始める。合計出力は現在の3倍弱になる見通し。燃料である木質ペレットの確保に向け、ラオスのメーカーに出資した。太陽光や風力の新設余地が狭まる中、バイオマスを再生可能エネルギー発電の「主役」に育てる。

まずは共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン