/

この記事は会員限定です

障害者アート、包装で身近に 社会参加も後押し

[有料会員限定]

障害のある人が描いた絵を商品の梱包箱やパッケージに採用する動きが広がっている。作品の魅力を消費者に身近に感じてもらうだけでなく、作者にデザイン料などとして報酬を支払うことで障害者の社会参加を後押しする狙いがある。関係者は「優れた才能に光を当て、可能性を広げたい」と話している。

大盛りのナポリタンで大食い競争をする女性たちに、ハンバーガーやケーキが詰まった夢のような弁当――。和風調味料で知られる食...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1055文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン