/

この記事は会員限定です

ホープ、新電力子会社が破産へ 負債300億円

(更新) [有料会員限定]

東証マザーズ上場で自治体向けサービスのホープは22日、新電力子会社、ホープエナジー(福岡市)の破産手続き開始の申し立てを決めたと発表した。負債総額は300億円の見通し。ホープエナジーは自治体に電力を小売り販売してきたが、日本卸電力取引所(JEPX)や個別相対取引を通じた電力調達価格の高騰で赤字が続き、債務超過に陥っていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン